身近な精神病

pills and pill bottles

精神病の中でも患者数が多いのはうつ病でしょう。うつ病を経験したことがある人は日本にはたくさん居ます。うつ病はとても身近な精神病で、誰もが発症してしまう危険性があります。うつ病と聞くと常にネガティブな思考をするようになってしまうというイメージがありますが、症状はそれだけではありません。うつ病はとても有名な精神病ですが、症状を詳しく知っている人はあまり居ません。
うつ病の症状といえば、先ほど書いたネガティブな思考をしてしまうようになるというのが代表的です。でも具体的にどういうふうにネガティブなのか分からないですよね。例えばこういったネガティブな思考をします。物事を全て悲観的に見るようになり、自分を卑下するようになります。何かトラブルが起こった場合でも自分に責任があるのだと考え、自分をどんどんと追い込んでいってしまうのです。何事にもやる気を出せなくなったり、以前興味があったことに対しても無関心になってしまいます。こうなってしまうとストレスの発散も出来なくなってくるので、どんどんとうつ病の症状は悪化していきます。
このような症状が続いていけば、自傷行為をするようになる危険があります。うつ病患者には自殺者も多いので、早めの治療が必要です。
他には不眠症などの睡眠障害や食欲の減退、もしくは食欲の増進といった症状も表れます。なので、こういった症状を見逃さないようにして、うつ病の早期発見をしていけるようにしましょう。